Son of Ice Bag/LONNIE SMITH(BLUENOTE)

D

ロニー・スミスのthink!の1曲目。売りはタイトル曲(アレサ・フランクリンのカヴァー)なんだろうけどこの曲でぐっと掴まれるという。ブルーノートはこういう「一曲目だけ傑作盤」が少なくない。「全曲聴き所なし」よりはいいんですが。。。

Slippin into Darkness/Cleveland Eaton

D

Cleveland Eatonは名門BlackJazz最後のベーシスト。ジャケはみょうちくりんだけどいい曲やってます。この曲はWARのカヴァー。他にもPeople Makes The World Go Around(いわずと知れたスタイリスティックスのカヴァー)なんかもやっている。

オドネル・レヴィによるカヴァー。これもぐっと来る。

D

しかしもっともシリアスなのは原曲だろう。

愛の世界(世界を動かす人たち)/The Stylistics

D

ブラックパワー全盛期のソウル/ファンクはこんなに力があったのにやがてイージーリスニング路線に逃げていってしまったのはどうしてなんだろう。