妊娠超初期症状いつから始まるかは具体的には決まっておらず、必ずあるとも限りません。場合によっては、超初期の着床時には何の症状も出ず、普段と変わらなかったという人も多くいます。

 

妊娠超初期症状を感じる人と感じない人

 

ですから、妊娠を希望している人で、妊娠超初期にあると言われる症状が全くなくても落ち込む必要はありません。

 

ただし、もし現段階で何らかの症状が出ている場合は、もしかしたら妊娠の超初期症状の可能性もあります。

 

例えば、妊娠超初期に、子宮が大きくなる際の充血などによって出血することもあります。

 

その他にも、妊娠超初期症状として、体温が温かく感じた人もいるようですね。

 

さらに、吐き気などのつわり症状がかなり早めにきて、すでに気持ち悪いという人もいます。

 

このような症状は、体内のホルモンバランスが、普段と異なる為に起こりますが、妊娠超初期では場合によっては生理前と変わらないホルモンバランスだったりもするので、あまり妊娠とわかるようなサイン出はないことが多いのです。

 

しかし、これらの症状がすでにあった場合は、妊娠の超初期段階である可能性が高まります。

 

ただし、これらの症状は着床と同時に始まるというわけではありません。場合によっては卵子と精子が受精するときに出血したりすることもあるので、着床出血と勘違いする人もいます。

 

この場合はかなり早い段階で初期症状があったことになりますが、このようなケースもごく稀ですから、超初期段階では基礎体温に注目しながら、いつから体温が下がるか下がらないかに注目しておいたほうが良いでしょう。